防水スプレー 使う派?使わない派?

2020.07.09 Thursday

0

    こんにちは。

     

     

     

    今日も朝から梅雨らしいお天気

     

    お風呂場の浴室乾燥が、今週はずっとフル稼働です。

     

    久しく太陽を拝めていないような、、

     

    日差しが恋しくなってしまいます。

     

    (でも、真夏のギラギラ太陽は苦手です。。。わがままだな。笑)

     

     

     

     

    さて、本日は雨の多い時期に気になる

     

    「防水スプレー」についてのお話

     

     

    「防水スプレーは雨が降る前日や、汚れ防止のため定期的に使われることをお勧めします」

     

    と、靴や鞄を買うとお店の方からもよく聞く言葉

     

     

     

    もちろん、その通りなのですが

     

    「今まであまり使ったことがないな」という方も

     

    少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

     

     

     

    せっかくカバンを買ったけれど

     

    「防水スプレーってなんだか難しそう、、」

     

    「万が一、シミになってしまうのはいやだしなぁ。。」

     

    と思ってしまう気持ち、よく分かります。

     

    (何を隠そう、、面倒くさがりやな私は、そうでした!笑)

     

     

     

     

    「雨の日は水に濡れるのが心配だだから、思い切ってこの子(カバン)は お休みさせてあげよう。」

     

    というのも、もちろん一つの手(^^)

     

     

     

     

    今回はそんな防水スプレーをあまり使ったことないよという方に

     

    読んでいただきたい記事になります。

     

     

     

    題して「防水スプレー、使うのと使わないの、どれだけ差が出るの!」です(笑)

     

     

     

    防水スプレーあり、なしの違いを写真付きで説明していきますので

     

    ぜひ、ご参考までに見ていただけますと嬉しいです。

     

     

     

     

    では早速、革の切れ端に防水スプレーを振りかけます。

     

     

    革はTHREE PACKSでもお馴染みの

     

    イタリアンレザー 「ミネルバボックス」

     

     

     

     

     

     

    およそ、30cmくらい離してスプレーをします。

     

    スプレーをした直後は、革が全体的に湿って色が濃くなります。

     

    (今回、特に右側にたくさんスプレーが付いてしまったので、右端のほうが色が濃くなっています。。。ちょっと写真だと分かりづらいかな。)

     

     

     

    この時、防水スプレーがかかって全体的に革の色が濃く変わるのは問題ありませんので焦らずに(^^)

     

    しっかり乾くまで待ちます。(とりあえず、30分待ちました。)

     

     

     

     

     

    完全に乾いたら、色も元どおり♪

     

     

     

     

     

     

     

    続いては、生地にもかけていきます。

     

    去年からトートバッグの本体生地として使い始めた「6号帆布」で試してみます。

     

     

    今までよく使っていた10号帆布にはパラフィン加工が施してあるため

     

    防水スプレーをしなくても多少の撥水効果があったのですが

     

    今回の「6号帆布」には、何も加工が施されていません。

     

     

     

     

    水に濡れるとどんな風に変化してくるのか、ちょっとドキドキです。

     

     

    防水スプレーをかけない部分にイエローのマスキングテープを貼ります。

    (後から水濡れ実験を行うために、マスキングテープを貼っています。)

     

     

     

     

    こちらの生地も、スプレーをした直後は色が少し濃くなりました。

     

     

    こちらもしっかり乾かします。

     

     

     

     

    そして、いよいよ実験スタート。

     

    防水スプレーをした革や生地と、していない革や生地

     

    それぞれ違いを比較をしていきます。

     

     

     

     

     

     

    先ほど防水スプレーをかけた革に、少し多めの水滴をかけます。

     

    「おぉ〜、しっかり弾いてる!」

     

     

     

     

     

     

    そして、防水スプレーを使っていない長細い革(右側)にも水滴を垂らします。

     

    こちらもしっかり水を弾きました。

     

     

     

     

     

    続いては、生地にも水滴を垂らします。

     

    先ほどのマスキングテープを剥がして

     

    「ポタポタポタ、、、」

     

     

     

     

    革は、防水スプレーをしていてもしていなくても

     

    見た目はそこまで変化がなかったのですが

     

    生地の方は、水滴を垂らした直後から

     

    かなり変化がありました。

     

     

     

     

    防水スプレーをしていない部分(マスキングテープで覆っていた部分)はかなり早い段階で

     

    生地に水が染み込み始めました。

     

     

     

     

    16分経ったときには、防水スプレー無しの部分は

     

    こんな感じで水が浸透してしまいました。

     

     

     

     

     

     

    防水スプレーを振ったほうは、この通りしっかり水を弾いています。

     

     

     

     

    革はどうなったかというと、、、

     

    防水スプレーありのほうは19分が経過しても水を弾いています。

     

     

     

     

    そして、防水スプレーが無しのほうも水を弾いています。

     

    「よくがんばった!!」と声をかけたくなります(^^)

     

     

    どうして、この「ミネルバボックス」という革は水を弾いていられるのか

     

    不思議に思いつつ、、、

     

    ちょっと仮説を立ててみました(笑)

     

     

     

    「ミネルバボックス」という革はイタリアの伝統的な製法で

     

    かなりの時間をかけて丁寧にオイルが浸透させてあります。

     

    そのため、通常水に弱いとされている革が一般的ですが

     

    革の中までオイルがしっかり含まれている分

     

    「油と水は混ざらない」という性質から

     

    表面についた水滴を弾くことができたのかなぁ、、、、なんて、実験をしながら思いました。

     

    あくまで仮説なので、正解かどうかは分からないです。(間違っている可能性あります!)

     

     

     

    そして、いくら水を弾くからといって

     

    水の中に浸すと革は痛んでしまいます。

     

    やはり水濡れにはご注意ください。

     

     

     

     

     

     

    続いては、どのくらいの時間で乾くのか

     

    そして、乾いたあとは水滴の跡が残るのかを見ていきたいと思います。

     

     

     

    革や生地についた水滴を拭く時は

     

    柔らかい布で優しく、トントンと叩くように水分を拭き取ります。

     

    (今回は、手の届くところにティッシュがあったので、そちらを使っています。。。ちょっとおおちゃくが出てしまいました。笑)

     

     

     

     

    水滴を拭き取りました。

     

    どちらの革にも跡が残っています。

     

    やはり、水を弾いていたように見えても少し染み込んでいました。

     

     

    なので、もしも雨に濡れてしまったら

     

    出来るだけ早く水滴を拭き取ってあげてください。

     

     

     

     

    エアコンのついた部屋でおよそ20分経過しました。

     

     

    ほとんど、、というか、全くに近いくらい??

     

    水の跡は残らず、綺麗に乾いてくれました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    続いては、6号帆布の乾き具合を見ていきます。

     

     

     

     

    水滴を吸い取ってみると、防水スプレーがふりかかっていたほうは

     

    ほぼ跡形もなく、元の生地の状態に戻りました。

     

     

    防水スプレーがなかった方は、かなり水が染み込んだ感じです。

     

     

     

     

     

     

    7分が経過しても一向に乾きません。

     

     

     

     

     

     

    20分が経過しました。

     

    気持ち水の跡が薄くなってきたような気がする。。。

     

     

     

     

    エアコンは付いているけど

     

    「梅雨だし湿気があるから乾きにくい??」「生地が分厚いから乾きにくい??」色々と考えながら

     

     

    しばらくそのままに。。。。

     

    (早く乾いてくれ〜〜。予想以上に乾きづらかったです。)

     

     

     

     

    それから1時間ほどたって、見に行くと

     

     

    「おぉ〜〜〜!!やっと乾いた〜〜!!」

     

    とくにシミにもならず、ホッと一安心。

     

     

    およそ1時間20分くらいかかって乾きました。

     

    生地が分厚いため、一度水が浸透してしまうと

     

    乾くのに時間がかかる模様です。

     

     

     

     

    やはり6号帆布を使っているトートバッグには防水スプレーを使っていただいたほうが

     

    より綺麗な状態で、長くお使いいただけると思いました。

     

     

    最近の防水スプレーは、雨だけでなく汚れの付着も防いでくれる優れものもあるので

     

    ぜひ、一度お試しいただいてはいかがでしょうか。

     

     

     

     

    ただし、防水スプレーによっては

     

    生地や革の色が変色してしまう可能性もございますので

     

    THREE PACKSで販売しております6号帆布のトートバッグをご購入いただいた方には

     

    鞄と同じ生地と革のカットサンプルを一緒にお送りしております。

     

     

    まずは一度、こちらでお試しいただき

     

    生地や革の色が変わらないことをご確認いただいたうえで

     

    防水スプレーをお使いいただければと思います。

     

     

     

     

    ■過去に行った水濡れ実験や素材についての記事

    (気になられた方は、宜しければこちらもぜひ覗いてください^^)

     

    →ミネルバボックスの水濡れ実験

    http://blog.threepacks.net/?eid=213

     

    →パラフィン加工が施してある10号帆布の水濡れ実験

    http://blog.threepacks.net/?eid=143

     

     

     

     

    防水スプレーの効果や、素材の特徴

     

    なんとなく伝われば幸いです(^^)

     

     

     

     

     

    想像以上に楽しかった実験

     

    これからは、オーダー作品の紹介以外にも

     

    素材についてや、お手入れ方法なども

     

    少しづつアップしていければなと、アレコレ考え中です(^^)

     

     

     

    それでは、次回もお楽しみに〜〜♪

     

     

    ________________

     

    ☆★Creemaにて作品販売中です☆★

     

    □THREE PACKS 商品販売ページ(creema)

    https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale

     

    □Facebook

    https://www.facebook.com/THREE-PACKS-1941258289272090/

     

    □インスタ(フォロー大歓迎です♪)

    https://www.instagram.com/threepacks/

    ________________

     

     

     

    オーダー作品 ミネルバボックスのミニトート

    2020.07.08 Wednesday

    0

      こんにちは。

       

       

      今日は朝からテレビをつけると九州や岐阜県、長野県の大雨のニュース

       

      とても心配になります。

       

      被災された地域の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

       

       

      ここのところ、雨も風も強い日が多く

       

      我が家も「突然の災害」に備えておかないと,,,,,と、少しの焦りと不安も出てきました。

       

      (懐中電灯、、電池切れてたかな、、、子供達のおもちゃになってる。。汗)

       

       

      みなさまも、お気をつけてお過ごしくださいませ。

       

       

       

       

       

      さて、本日は前回に続き革のミニトートの完成編をお届けいたします。

       

       

       

      前回は鞄の内装と、外装が仕上がってきたとことまでのご紹介でした。

       

      そこから、まずは底板を入れて底鋲を打っていきます。

       

       

       

       

       

      こんな感じで、底鋲を取り付けました。

       

       

       

       

       

      続いては開口部のファスナーを作っていきます。

       

       

       

       

       

      鞄の内装にファスナーを縫い付け

       

       

       

       

       

      革の帯を縫い付けていきます。

       

       

       

       

       

      さぁ、だいぶ完成してきました!

       

      あとは、ショルダーベルトを取り付けるためのDリングをつけていきます。

       

       

       

       

       

       

      そして、完成です〜(^^)

       

       

      「おぉ〜!すごくいい感じ〜^^」

       

      カバンを眺めては、思わずニンマリしてしまいます。

       

      革のいい香り、たまらんっ!、、笑

       

       

       

       

       

      ここからは、完成したカバンをご紹介させていただきます。

       

       

      【オーダー内容】
      オールレザー「ミネルバボックス」のミニトートの仕様変更

      □サイズ
      鞄本体:幅24cm × 高さ20cm × 奥行き15cm(サイズ変更なし)
      持ち手の長さ:およそ29cm

      □内ポケット
      両面あり

       縦11cm × 横20cm 仕切りあり(片面)

       縦11cm × 横20cm 仕切りなし(片面)

      □底鋲:ゴールド

      ●持ち手は角カンを使ってパタンと倒れる仕様
      ●開口部ファスナー追加
      ●ショルダーベルト取り付け用Dリング追加

      【 素 材 】
      革:ミネルバボックス (茶色)
      内 布:11号帆布 (グレー)
      ファスナー:YKKファスナー(ゴールド)
      金 具:ゴールド

       

       

       

      持ち手に角カンを挟んでいるため、このように倒すこともできます。

       

       

       

       

      開口部には、ファスナーが付いています。

       

       

       

       

       

      ファスナーを開くとこんな感じです。

       

      写真からは少し分かりづらいのですが、ファスナーの口がしっかり開いてくれるので

       

      荷物の出し入れが行いやすいです。

       

       

       

       

       

       

      底面には底鋲がついているので、汚れ防止にもなって安心です。

       

       

       

       

       

      鞄の両端に、ショルダーベルトを取り付けるDリングを付けています。

       

       

       

       

      ショルダーベルトを取り付けるとこんな感じになります。

       

       

       

       

      気になる鞄の重さですが

       

      605,1gになります。(ショルダーベルトの重さは含まれておりません。)

       

      およそ、600gです(^^)

       

       

       

       

       

      持ち手の長さはおよそ29cmあるので

       

      このように腕にかけてお持ちいただいたり

       

       

       

       

       

      ショルダーベルトを使うと、肩掛けのできる2WAYトートとしてもお使いいただけます。

       

       

      今回も素敵なオーダーをいただき、本当にありがとうございました!

       

      長くお使いいただき、徐々に変化してくる革の風合いもお楽しみいただけますと嬉しいです。

       

       

       

       

      現在、たくさんのオーダーをいただき誠にありがとうございます!

       

      小さなアトリエで、夫婦二人せっせと手を動かし

       

      順次製作に取り掛かっておりますので

       

      完成まで楽しみにお待ちいただけますと幸いです。

       

      今日も頑張るぞぉ〜!!

       

       

       

       

      次回は、この雨の時期に気になる

       

      水濡れ実験「防水スプレー編」です(^^)

       

       

       

      ぜひぜひ、お楽しみに〜♪

       

      ________________

       

      ☆★Creemaにて作品販売中です☆★

       

      □THREE PACKS 商品販売ページ

      https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale

       

      □Facebook

      https://www.facebook.com/THREE-PACKS-1941258289272090/

       

      □インスタ(フォロー大歓迎です♪)

      https://www.instagram.com/threepacks/

      ________________

      オーダー製作風景 ミネルバボックスのミニトート

      2020.07.01 Wednesday

      0

        こんにちは。

         

         

        いよいよ今日から7月がスタート!!

         

        今年も折り返し地点です。

         

         

        新型コロナウイルスの影響もあって

         

        いつもと全く違う時間の流れの上半期

         

        思い返すとバタバタすることも多かったですが

         

        少しづつ、いつもの暮らしが戻ってきたような、、

         

        ようやく、新しい暮らし方に慣れてきたような、、

         

        そんな、気がします。

         

        不安なこともたくさんあるけれど

         

        今できることを頑張るぞぉ〜!!おぉ〜!!

         

        (どんなときもポジティブ、それだけは取り柄です。。笑)

         

         

         

         

        さて、本日ご紹介させていただくのは

         

        現在製作中のイタリアンレザー「ミネルバボックス」のミニトート

         

        オーダー内容はこちらのイラストになります。

         

         

         

         

         

         

         

        通常販売しているこちらの「ミネルバボックスのミニトート」の仕様変更となります。

         

         

         

         

         

        持ち手に角カンを挟んでパタンと倒れるように変更

         

        開口部にファスナーを追加

         

        ショルダーベルトを取り付けるためのDリングを鞄の両端に取り付ける

         

        大きく分けて、こちらの3つの仕様変更となります。

         

         

         

         

         

        使用する角カンです。

         

         

         

         

         

        まずは、持ち手部分の製作に取り掛かります。

         

        ↓コバ塗りを行なっているところです。

         

         

         

         

         

        コバ塗りや革漉きが終わったら

         

        鞄を使用中に革が伸びてしまわないよう補強のために

         

        革の裏面に芯材テープを貼ります。

         

         

         

         

        そして、縫製を行なっていきます。

         

         

         

         

         

        角カンを取り付けました。

         

         

         

         

        さらに革を巻いて、ハンドル部分の完成です。

         

         

         

         

        ここから、本体に取り付ける部分と合体させていきます。

         

         

         

         

         

        持ち手が仕上がってきたところで

         

        鞄本体の革も準備していきます。

         

         

         

         

        裁断や、革漉きが終わったところで

         

        先ほど作った持ち手を取り付けていきます。

         

         

         

         

        持ち手の位置を合わせたら、早速ミシンで縫っていきます。

         

         

         

         

         

        持ち手を縫い付け終わったら、鞄本体の革を縫い合わせていきます。

         

         

         

         

         

        縫い終わったら、縫いしろを割っていくために糊付を行います。

         

        (「縫い」が多くて、すごくわかりづらい文章ですみません!!。。。写真から読み取っていただけますと。。幸いです。。)

         

         

         

         

        カナヅチを使って、縫いしろ部分を割っていきます。

         

         

         

         

         

        そして、底マチ部分を縫っていきます。

         

         

         

        すると、じゃじゃ〜〜ん!!

         

        鞄が形になってきました(^^)

         

         

         

         

        さっき、カナヅチでトントン叩いていた部分です。

         

         

         

         

        ここからが一大イベント!!!(ちょっと大げさかな。。笑)

         

        鞄を裏返していきます。

         

         

         

        角から少しづつ、、少しづつ、、時間をかけて

         

         

        この裏返しの工程が上手くいくかどうかで

         

        鞄の角の美しさが決まってくるため、最後まで気が抜けません。

         

         

         

         

        「よっし!!綺麗にできたぁ〜(^^)」

         

        ホッと胸を撫で下ろします。

         

         

         

         

         

        内装も同時に作っていきます。

         

         

         

        今回は、内ポケットが両面についています。

         

         

         

         

         

        仕切りありのタイプと

         

         

         

         

         

        仕切りなしのタイプとなります。

         

         

        だんだんと形になってきました♪

         

         

         

         

         

        持ち手に角カンが入ると、エレガントさが加わって素敵な雰囲気に仕上がってきました(^^)

         

        思わずうっとりです♪

         

         

         

        次回は完成した鞄をご紹介させていただきます。

         

        ぜひぜひ、お楽しみに〜♪

         

         

        ________________

         

        ☆★Creemaにて作品販売中です☆★

         

        □THREE PACKS 商品販売ページ

        https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale

         

        □Facebook

        https://www.facebook.com/THREE-PACKS-1941258289272090/

         

        □インスタ(フォロー大歓迎です♪)

        https://www.instagram.com/threepacks/

        ________________

        オーダー作品 Mサイズの2WAYトート

        2020.06.24 Wednesday

        0

          こんにちは!

           

          今日も朝から梅雨らしいお天気です。

           

          窓を開けて作業していると、じわぁ〜っと汗が滲んで

           

          「ジメジメしてる。。。」

           

          エアコンとにらめっこ中です(笑)

           

           

           

           

          本日は、前回の製作風景に続き

           

          Mサイズの2WAYトートの完成品をご紹介させていただきます。

           

           

          ついに完成したトートです(^^)

           

           

           

           

           

          今回のトートバッグはサイズ変更は行わずMサイズのままになります。

           

           

          革の色と、内布の色、そして糸の色を変えています。

           

          また、開口部ファスナーやショルダーベルトを追加しております。

           

           

          【オーダー内容】
          Mサイズトートのカラー・仕様変更

          < 寸 法 ・ 仕 様 >
          ※サイズ変更なし
          ●本体サイズ:縦24cm 横27cm 奥行き(底)15cm
          ●持ち手
          長 さ:35cm
          立ち上がり:約14cm

          ●内ポケット
          片面有り
          横13cm 縦10cm・・・・2つ

          ●ショルダーベルト長さ:105cm〜117cm
          (長さ調節可能 3cm間隔で5カ所穴が開いています)

          ●底鋲追加

          ●開口部ファスナー追加

          ●内ポケット近くにDリング追加

          < 素 材 >
          本 体:6号コットンキャンバス(日本製)グレー
          裏 地:11号コットンキャンバス(日本製)パープル
          皮 革:タンニン鞣し牛革 ミネルバボックス (イタリア製)グリージオ・ベージュ
          金 具:ユーロホック(日本製)ゴールド

          < ステッチ >
          革の部分はステッチの色をグレーに変更
          ・ショルダーベルトの裏面は通常通り糸の色はブラウン
          ・ユーロホック(金具)取り付けの革の裏面は通常通り糸の色はブラウン

          ●サイズや仕様参考URL
          http://blog.threepacks.net/?eid=250

          ●お色参考URL
          http://blog.threepacks.net/?eid=253

           

           

           

           

           

          開口部はこんな感じになっております。

           

           

           

           

           

           

          ユーロホック(開閉金具)を開けても、さらにファスナーがあるので鞄の中身が見えません。

           

          「鞄の中が見えてしまうのはちょっと心配だな、、」という方にお勧めしたい仕様です。

           

           

           

           

           

          ファスナーを開くと、綺麗な紫の内装が見えてきます(^^)

           

           

           

           

           

          鞄の中も、ちょっぴり仕様変更があります。

           

          内ポケットの近くには、鍵などを掛けられるようにDリングを取り付けました。

           

           

           

           

           

          横から見るとこんな感じです。

           

          マチ(底部分)が15cmあるので、見た目以上に荷物が収納できます。

           

           

           

           

           

          底部分には、汚れ防止の底鋲を取り付けています。

           

           

           

           

           

          ショルダーベルトは取り外しが可能なので

           

           

           

           

          こんな感じで腕にかけられたり

           

           

           

           

           

          ショルダーベルトを取り付けて、肩から掛けて持つことが可能です。

           

           

           

           

           

          気になる鞄の重さですが

           

          ショルダーベルトを全て含んだ全体の重さが570.4g

           

          およそ570gになります。

           

           

           

           

           

          ショルダーベルトを取り外して重さを計ってみると

           

           

           

           

           

          鞄単体の重さは477.1g

           

          およそ480gになります。

           

           

           

           

           

          ショルダーベルトは3cm間隔で穴が5箇所空いているので、長さ調節が可能です。

           

           

           

           

           

          すでに、気になられている方もいらっしゃると思うのですが

           

          今回、糸の色も通常と違う仕様になっております。

           

           

          いつもなら、革を縫うときは

           

          革の色と一番近い色の糸を使うのですが

           

          今回、グリージオグレーの革の部分は、本体生地と同じグレーの糸を使って縫っています(^^)

           

           

          ステッチがさり気なくアクセントになっていて

           

          とてもオシャレな雰囲気です♪

           

           

           

           

          収納についても

           

          A5サイズのノートなら、こんな感じでスッポリ入ります。

           

          今回写真が無いのですが、このMサイズトートはiPadも収納できるサイズとなっております。

           

           

           

           

           

          もちろん、長財布だってしっかり入ります。

           

           

           

           

          今回も素敵なオーダーをいただき、本当にありがとうございました!

           

          楽しくブログをご覧いただいていることが、何より嬉しかったです!

           

          ぜひ、長くお側で使っていただけますようにお祈りしております。

           

           

           

           

          【 おしらせ 】

           

          現在、オーダーのお問い合わせを多くいただきありがとうございます。

           

          順次、ご返信させていただいているのですが

           

          先週あたりから大変有難いことに、お問い合わせが増えており

           

          ご返信させていただくまでに、少しお時間をいただいております。

           

          (お待たせしてしまし大変申し訳ございません!!)

           

           

           

          と書きつつも、、、オーダーについてのお問い合わせや

           

          作品に対して、気になることなどあれば

           

          ご質問など大歓迎です (矛盾してますね。。笑)

           

          少しお待ちいただくことになってしまうのですが

           

          いつでもお気軽にお問い合わせください。

           

          (お問い合わせはCreemaのTHREE PACKSのページよりお願いいたします。)

           

           

           

          次回も素敵なオーダー作品をご紹介させていただきますので

           

          ぜひ、お楽しみに〜♪♪

           

           

           

          ________________

           

          ☆★Creemaにて作品販売中です☆★

           

          □THREE PACKS 商品販売ページ

          https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale

           

          □Facebook

          https://www.facebook.com/THREE-PACKS-1941258289272090/

           

          □インスタ(フォロー大歓迎です♪)

          https://www.instagram.com/threepacks/

          ________________

          オーダー製作風景 Mサイズの2WAYトート

          2020.06.22 Monday

          0

            こんにちは!

             

            昨日は父の日でしたが

             

            みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか。

             

             

             

            我が家は久々に子供たちの大好きな公園へ

             

            緊急事態宣言が解除され、公園の駐車場も開放されて

             

            紫陽花もちょうど見頃で(^^)

             

             

            「出かけられるって幸せ〜」

             

            休日を満喫し、しっかり充電できたところで

             

            さぁ今週も頑張るぞ〜(^^)

             

             

             

             

             

             

            それでは、早速 ♪

             

            今回ご紹介させていただくのは

             

            現在製作を進めているオーダーバッグの製作風景です。

             

             

             

             

             

            こちらは仕上がってきた鞄の外側の写真

             

             

             

             

             

             

            こちらは、仕上がってきた内装の写真

             

             

            お気づきになられたかもしれませんが

             

            トートに使用している革は通常ブラウンになりますが

             

            今回はグリージオグレーに変更し、内装もパープルになります。

             

             

             

             

            以前から、素敵なオーダーをくださるお客様からの再びのご依頼で

             

            「ブログのこのMサイズのトートの仕様

             

            色の組み合わせはこのカラーでお願いします」

             

            といただいたメッセージ

             

             

             

            ブログをじっくりご覧いただき

             

            こうして続けてオーダーをいただけることがすごく嬉しく

             

            大変励みになりました。

             

            私もこの色の組み合わせがとても好きで、再び製作させていただけることに感激でした(^^)

             

             

             

             

             

             

            こちらはカバンに使う生地や革を裁断したところです。

             

            (ショルダーベルトだけは、革を貼り合わせコバ塗りまで終わっています。)

             

             

             

             

            まず、革パーツの下準備から行なっていきます。

             

            切り口になる端面に、色を付けていきます(コバ塗り)

             

             

             

             

             

             

            コバ塗りが終わったら、続いては革を漉いていきます。(革の厚みを調整していきます。)

             

             

             

             

            革漉きも完了〜

             

             

             

             

            こちらはユーロホックを取り付けるベルトです。(開閉金具を取り付ける革)

             

             

             

             

            ショルダーベルトはグレーの糸で縫っていきます。

             

             

             

             

             

            縫い終わるとこんな感じです。

             

             

             

             

            続いてはファスナー部分を作っていきます。

             

             

             

             

             

             

            ファスナーを鞄の長さに合わせて切り

             

            やっとこ(黒いハサミみたいなの)を使って金具をつけます。

             

             

             

             

             

            革とファスナーを合わせて縫っていきます(^^)

             

             

             

             

            ファスナーも仕上がりました

             

             

             

             

             

            引手はこんな感じです(^^)

             

             

             

            終わりの先端部分はこんな風になっています。

             

             

             

             

            革パーツができてきたところで

             

            続いては内装を作っていきます。

             

             

            紫色、まさに今の季節にピッタリ〜♪なんて思いながら

             

            (もちろん、梅雨の季節に限らず年中使っていただるお色ですが^^)

             

             

             

             

            内ポケット付近に取り付けるDリングを作ります。

             

             

             

             

             

            Dリングは幅2cmのものを使っています。

             

             

             

             

            そして、先ほど作った革のファスナーとDリングを

             

            内装と合体させていきます(^^)

             

             

             

             

            Dリングは内ポケットの近くに取り付けています。

             

             

             

             

             

             

            内装が仕上がってきたところで、

             

            続いては鞄本体の外側です。

             

             

             

             

            革パーツを鞄本体に取り付けます。

             

             

             

             

             

            ジグ(白い型紙)に合わせて持ち手を取り付けていきます。

             

            (今回はサイズ変更がなかったので、Mサイズトート用のジグを使っています)

             

             

             

             

             

            いよいよ縫っていきます。

             

            こちらは、底面の革部分を縫っているところです。

             

             

             

             

            だいぶ形になってきました(^^)

             

             

             

             

            底鋲を取り付けます。

             

             

             

            「グレーとグリージオグレーのお色、本当に綺麗で素敵だなぁ〜」

             

            作りながら、うっとりしてしまいます(^^)

             

             

            長い間、楽しみにお待ちいただき本当にありがとうございます!!

             

             

             

            次回は完成品をご紹介させていただきますので

             

            ぜひぜひ、お楽しみに〜♪

             

            ________________

             

            ☆★Creemaにて作品販売中です☆★

             

            □THREE PACKS 商品販売ページ

            https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale

             

            □Facebook

            https://www.facebook.com/THREE-PACKS-1941258289272090/

             

            □インスタ(フォロー大歓迎です♪)

            https://www.instagram.com/threepacks/

            ________________