オーダー制作 ミネルバボックスのトート【前編】

2018.04.22 Sunday

0

    こんばんは。

     

     

     

    今日は一気に夏がやってきたような

     

    暖かい??を通り越して暑い一日になりました。

     

    まだ4月なのに、、、、

     

    今からこの暑さ、、ちょっと夏が怖いです。。

     

     

     

    ゴールデンウィーク前なだけに

     

    体調管理、気をつけないと。。。。

     

     

     

     

    さて、本日ご紹介するオーダー作品ですが

     

    ご覧いただきたい写真がたくさんありすぎて、、、

     

    『前編』『後編』の2回に分けて

     

    ご紹介させていただきます(笑)

     

     

     

     

     

    なぜ2回に分けるのかというと、、、

     

    実はいつも制作している帆布の鞄ではなく

     

    オール革の鞄を今回は制作しています。

     

     

    いつも以上に気合いも入り、ぜひ皆様にも見ていただきたくて。。。。2回に分けました(^^)

     

     

     

    まず今回『前編』は制作風景のご紹介です。

     

    お時間のある方はぜひ、ゆっくりご覧いただけると嬉しいです。

     

     

     

    使用している革はイタリアンレザーの『ミネルバボックス』

     

    とても上質なタンニン鞣しの牛革です。

     

    本体部分:パープル

    持ち手:グリージオグレー

     

    この組み合わせがとても素敵で

     

    オーダーいただけた時から、ワクワクがとまりません。

     

     

     

     

    さらにテンションが上がるポイントが、内装生地のヤマブキ色です!

     

     

    とてもセンスの良いお色を選んでいただき本当に感謝です!

     

    制作する私のテンションもすごく高まりました。

     

     

     

     

    型紙を元に、生地を裁断し

     

    革は縫製する部分を薄く漉いていきます。

     

     

    この黒い機械が革漉き機です。

     

     

     

     

    実際に漉くと、このように革の周りの厚みが薄くなります。

     

     

     

     

     

    少し近づいてみます。。

     

    薄くなっている様子、伝わるでしょうか。。

     

     

     

     

     

    続いて、持ち手を作成していきます。

     

     

    ミネルババックスは、革自体が柔らかいため

     

    使い続けるうちに、持ち手が伸びてしまわないように

     

    持ち手の革の裏面に芯材(白)を貼り付けます。

     

     

     

     

    下準備が出来たら、ミシンで縫っていきます。

     

     

     

     

    さらに、持ち手部分に革を巻きます。

     

    (写真左にある革を巻きます。)

     

     

     

     

     

    巻き終えた写真です。

     

     

     

    いよいよ鞄本体に持ち手を取り付けていきます。

     

     

     

    慎重に、、、慎重に、、、

     

    革は一度穴が開いてしまうと修正できないため、集中しながら縫っていきます。

     

     

     

    鞄本体を縫い合わせ、、だいぶ形になってきました。

     

     

     

     

     

     

    まだ裏返していないのですが、

     

    鞄本体の縫製が完成〜〜!

     

     

     

     

    さらに、底鋲を付けていきます。

     

     

     

    底鋲は、底板(白い板)の上からしっかりと取り付けます。

     

     

    こんな感じで5カ所付いています。

     

     

     

     

    持ち手部分もこのように仕上がっています。

     

     

    本体の完成です!

     

     

     

     

    続いて、内装を作っていきます。

     

    まずは内ポケットを作ります。

     

     

    生地専用の糊を薄く塗り、まずはポケットの形に折って仕上げます。

     

     

    内装生地の本体にポケットを縫い付けます。

     

     

     

    ミシンで縫って、内装も完成です!

     

     

     

    鞄が形になってくると、ワクワクする気持ちもさらに高くなり、、

     

    やっぱり革の鞄も素敵だなぁ〜と改めて実感しました。

     

     

     

     

    素敵なオーダーをいただけたことに心から感謝致します。

     

     

     

     

    今回は制作風景をメインにご紹介させていただきました。

     

    最後までご覧いただきありがとうございます!

     

     

    いよいよ次回『後編』は、完成した鞄の紹介をさせていただきますので

     

    皆様、お楽しみに〜〜

     

     

    ________________

     

    こちらのサイトで作品を販売中です。

    宜しければご覧下さいませ。

     

    □THREE PACKS 商品販売ページ

    https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale

    ________________

    制作中 ストライプのトートバッグ

    2017.12.24 Sunday

    0

      こんにちは。

       

       

       

      年の瀬も迫り、忙しい日々をお送りの方も多いでしょうか。

       

       

      先日、冬至の日にちなみ

       

      久々に家族みんなで柚子風呂に入りました。

       

       

      子供たちは初めての柚子風呂に、大はしゃぎ

       

      あっという間に、柚子がボールに変わり、、、、、

       

      柚子の果肉もたっぷりのお風呂になってしまいました(笑)

       

       

       

       

       

      さて、本日はオーダーをいただき

       

      只今絶賛制作中の鞄をご紹介です!

       

       

       

       

      まだ完成には至ってないのですが、鞄の外装が完成しました。

       

       

       

      今までに制作したことのない形状のため

       

      型紙を作るまでに、鞄の構造を考えたり

       

       

      また、今回はストライプの帆布を支給していただきました。

       

      その中で、生地を無駄なく使い切れるように

       

      色んな部分で試行錯誤がありました。

       

       

      その分、仕上がりに近づいてきている今、とてもワクワクしています!

       

       

       

       

      まずは、型紙をご紹介。

       

      細かい、革パーツの型紙は入っていませんが

       

      こちらが鞄本体の型紙です。

       

       

       

      そこから、革や生地を裁断していきます。

       

       

       

       

       

      今回、生地の裏側に芯材(グレー)を張り付け

       

      生地に張りと厚みを持たせています。

       

      (薄い生地よりも、厚みがでるため生地自体が上質な印象になります。)

       

       

       

      縫製する部分が分厚くなりすぎないように

      革と同様に、芯材も漉いて薄くしています。

       

       

       

      外ポケットを付けます。

      両面に外ポケットが付きます。

       

       

      いよいよ本体の縫製に入ります。

       

       

       

       

      その前に、鞄の端にパイピングを行うため

      まずは練習。。。

       

       

      パイピング、名前は聞き慣れないのですが

      下の写真のように、生地と生地の間に革等を挟んで縫うことを言います。

      (言葉では上手く言えないのですが、、、写真を見て理解していただけると幸いです。)

       

       

       

      今回使用するパイピング用の革も準備していきます。

       

       

      上手く縫製出来ることも確認出来たので

      いよいよ本番です!

       

       

      ゆっくり、一針一針、丁寧に仕上げていきます。

       

       

       

      そして、ついに鞄の外装の完成です〜

       

      パイピングも上手くできて、鞄全体の上質感もアップしました!

       

       

      帆布の生地が縦縞模様のため

      パイピング部分0が分かりづらいのですが

      4角に入っています。

       

       

       

      これから内装にとりかかり、鞄を仕上げていきます。

      とても長い間、楽しみにお待ちいただき本当にありがとうございます!

       

       

      完成しましたら、改めてこちらのブログでもご紹介させていただきますので

      皆様もお楽しみに〜

       

       

       

      今日はクリスマスイブです!

       

      皆様にとって、素敵な一日でありますように〜

       

      オーダー作品 ショルダーバッグの制作風景

      2017.09.17 Sunday

      0

        こんばんは。

         

         

        せっかくのシルバーウィーク

         

        台風18号が日本列島を横断中

         

        雨もだんだん強くなってきました。。

         

        何事も無く、台風が過ぎ去るよう祈るばかりです。。。

         

         

         

        こんな時は、静かに制作をするに限ります、、、

         

        朝からミシンもフル稼働

         

         

         

         

        さて、そんな今日は制作風景をご紹介致します。

         

         

         

        以前ご依頼いただいたショルダーバッグのオーダー

         

        こちらがその型紙です。

         

         

        どんな鞄が出来上がるのか、、、まだこの段階では分かりませんが

         

        最後まで楽しみにご覧いただけると嬉しいです。

         

         

         

         

         

         

        早速、型紙を元に生地を裁断していきます。

         

         

         

        続いて、革のパーツを作成。

         

        ちなみに、革は高級素材のイタリアンレザー

         

        ミネルバボックス(革の表面に皮膚のような凹凸があります)と

         

        ミネルバリスシオ(革の表面がツルツルしています)を使用します。

         

         

        穴開けも行って行きます。

         

         

        ここまで見ても、まだ鞄の形状は分かりませんが、、、、

         

        とてもカッコいいショルダーバッグが仕上がる予定です!

         

         

         

        鞄の外装を作成していきます。

         

         

        ミシンで縫って、、、

         

        だんだん形になってきました。

         

         

        ちなみに、縫製後の糸は

         

        必ず接着剤で留めます。(使用している最中に、糸が解けてこないようにするためです。)

         

         

        鞄の背面です。

         

         

        鞄の正面部分も完成させていきます。

         

         

         

         

        だいぶ、形が出来てきました。

         

         

        続いて、底面を作って行きます。

         

         

        底板にはボンテックスという靴の底面にも使われている

         

        とても固く丈夫な芯材を使っています。

         

         

        正面にはファスナー付きポケットが付いています。

         

         

         

        底面に革と底鋲を付けていきます。

         

         

        穴の開いている部分に鋲を取り付けます。

         

         

        底面の縫製と鋲の取り付け完了〜

         

         

         

         

        鞄の外装がほぼ完成してきました。

         

         

        カーキの帆布とブラウンの革の相性が非常に良く

         

        とても品良くカッコいいショルダーバッグに仕上がってきました。

         

         

        まだショルダーベルトが付いていませんが、、背面はこんな感じに仕上がっています。

         

         

         

        実際、使い始めると見てもらえる機会が少ない底面ですが

         

        革(ミネルバリスリオ)をふんだんに使い

         

        さり気なく見えるゴールドの鋲が

         

        とても高級感のある雰囲気を演出しています。

         

         

        続いて、鞄の内装を作っていきます。

         

         

         

         

        今日はこの辺りで制作風景の紹介はおしまいです。。。

         

         

         

        最後までご覧いただき、ありがとうございます。

         

        見てもらいたい部分が多すぎて、写真満載になってしまいました(笑)

         

         

        次回は、完成したショルダーバッグをご紹介させていただきますので

         

        皆様、お楽しみに〜〜

         

         

        只今制作中 オールレザーのショルダーバッグ

        2017.07.09 Sunday

        0

          こんにちは。

           

          7月も中盤にさしかかり、暑さも本番。。。

           

           

           

          今日は、間もなく完成する鞄の制作風景をご紹介!

           

           

          オールレザーのショルダーバッグになります。

          使用する革は、イタリアンレザーのミネルバボックス

           

          革のお色は『グリージオグレー』

          少し珍しいグレーがかった大人の緑色

           

          落ち着いたとてもカッコ良いお色です。

           

           

           

           

          早速、デザイン画を元に型紙を作成し

          革を裁断していきます。

           

           

           

          縫製する部分は、革漉きを行います。

           

           

           

          こちらが、漉き終えた革です。

          周りが少し薄くなりました。

           

           

          ポケットを取り付けていきます。

           

           

           

          こちらは、ファスナー付きポケット。

           

           

           

          グリージオグレーの革と色が合うファスナーを、使用しています。

          (何気にこだわったポイントです!)

           

           

           

           

          いよいよ縫製です。

           

           

          だんだん、形になってきました。

           

           

           

           

          先程の革漉きを行った部分

          縫製を行った後は、専用の糊で接着していきます。

           

           

           

           

          こんな感じで革を折り返します。

           

           

           

          底面は、芯材(白)を張り付けています。

           

           

           

           

          鞄の本体(革部分)がほぼ完成に近づいてきました。

           

           

           

           

          内装も型紙に沿って生地を裁断し、ミシンで縫っていきます。

           

           

           

           

          内装、完成〜

           

           

           

           

          両側にこのようなポケットが付いています。

           

           

           

          いよいよ革と内装を合体させていきます。

           

          慎重に、、、慎重に、、、、

          位置を合わせます。

           

           

          そして、本体を合体させ組み立て終えたら

          いよいよリベットを打ち付けていきます。

           

           

           

          こちらもまずは位置を決めて

           

           

           

           

          そして、打ち付けていきます。

           

           

           

           

          さぁ〜、鞄本体が完成です!

           

           

           

          後は、ショルダーベルトやファスナーの引き手など

          細かい部分を作って、いよいよ完成です。。

           

           

          完成した鞄は、次回こちらのブログにてご紹介させていただきます。

           

           

          今回制作風景のみのご紹介でしたが

          その割に、ついつい熱く説明が長くなってしまいました、、、笑

          最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

           

           

          大人の上品なカッコいいショルダーバッグに仕上がりそうで

          完成前から、ワクワク楽しみです。

           

           

           

          最後になりましたが、お知らせがございます。

           

          先日Creemaの特集にTHREE PACKSの

          ミニトート(ターコイズ)を掲載していただきました。

           

          ---------------------------------------------------------
          特集名「HMJ注目の出展作家 Vol.1」
          https://www.creema.jp/feature/165
          ---------------------------------------------------------

           

          HMJとは7/22〜23に東京ビッグサイトで開催される

          ハンドメイドインジャパンフェスの略です。

           

          THREE PACKSも両日出展致します。

          (ブースNo.H-213)

           

          ぜひ、お時間のある方は足を運んでいただけますと嬉しいです。

           

           

          暑い日が続きますが、たくさん水分を取って

          楽しい夏をお過ごしください。

           

          シザーケースの試作完成

          2017.05.28 Sunday

          0

            こんばんは。

             

            日曜の夜、いかがお過ごしでしょうか。

             

            日中はとても暑く、少しバテ気味でしたが

            夕方から、外から吹く風がとても心地良いです。

             

             

             

            さて、本日ご紹介させていただくのは、、、、トートバッグではありません(笑)

             

            以前、美容師の方からオーダーをいただいたシザーケースです。

             

             

            ※前回、シザーケースの打ち合わせについて記載しているブログです。

             

            http://blog.threepacks.net/?eid=87

             

             

             

             

            前回の打ち合わせから、さらに細かい部分を詰め

             

            こちらのデザイン画で早速、試作を作ります

             

             

             

            今まで制作したことのないシザーケース、、

            やはり制作開始直後、難題にぶつかりました。。

             

            (ここでつまずくとは。。。。泣)

             

             

            ハサミを入れるケースに付いている金色の丸い金具(上の写真)に、ある角度でハサミを入れると

            ハサミが金具に当たってしまうのです、、、

             

             

            開口部の形状を、少しずつ変えていき

            ちょうど良い形状を探します。

             

             

             

            地道に繰り返し作成していきます。

             

            そして、、、

            ようやくベストの形状を見つけることが出来ました。

             

             

             

            また、繰り返し作っていくうちに『ひらめき』もありました。

             

            とても細かい部分になってしまうのですが、、

             

            下の写真のように革を巻き付け、縫製することで

            革の端面が保護され、開口部の強度が上がります。。

             

            (伝わるでしょうか。。。言葉で上手く説明出来ず、申し訳ありません。)

             

             

             

            完成したハサミのケースです。

             

             

             

             

            これをまずは7本作っていきます。

             

             

             

             

            今度は、クシを入れる部分のマチを割り出していきます。

             

            実際使用していることを想定し、身体の曲線に合わせてサイズを調整していきます。

             

             

             

            真っすぐ平らな部分に置くと、かなり入りそうなポケットに見えますが

            腰に巻くと印象が変わってきます。

             

             

             

            続いて、ケースのお手入れを行うためのボタンを取り付けていきます。

             

             

            いよいよ、本体に縫い付けていきます。

             

             

             

            だいぶ完成に近づいてきました。

             

             

             

            仕上げに、金具を取り付けます。

             

             

             

             

             

            ようやく試作品が完成!

             

             

             

            ハサミとハサミの間隔が狭くなると、ハサミ同士が重なってしまうため

            美容師さんが取り出しづらいのでは、、、、という考えから

            ハサミの間隔を少し広めにとって制作しています。

             

            ボタンを開くと、こんな感じでお手入れも楽々行えます。

             

             

             

            通常、両サイドにあるDカンを使いベルトを装着する予定ですが

            万が一、Dカンを使えない場合を想定し

            裏面には、ベルトループが付いています。

             

             

             

             

            実際装着してみるとこんな感じです。

             

             

             

            これから、オーダーをいただいた方へお送りし

            実際に使い勝手を確認していただきます。

             

             

            気に入っていただけると良いな、、、と

             

            今から、少し緊張してしまいます。

             

             

             

            本番ではイタリアンレザーのミネルバボックス・ミネルバリスシオを組み合わせて制作予定です。

            どんな風に仕上がるのか、今からとても楽しみです。

             

             

            最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

            また、完成しましたらこちらのブログでもご紹介させていただきますので

            ぜひ、お楽しみに〜。。