只今 コバ塗り中。。

2016.03.12 Saturday

0
    こんにちは。

    今日は、また真冬のように冷えていますが
    皆様、体調は崩されていないでしょうか。

    昨日、現在作品を販売しているサイト『クリーマ』の
    『 春をまとう、桜色ファッション 』特集に
    こちらのトートバッグが掲載されました。

    10号帆布のミニトートバッグ 【グリーン】
    http://www.creema.jp/exhibits/show/id/1721334



    こんなふうに、たくさんの方に見ていただける機会が増えると
    率直に嬉しい&制作意欲が湧いてきます。。
    これからも頑張るぞ〜!!!


    そんな、こんなで今日は朝からアトリエにこもって活動中です。


    今はトートバッグの持ち手部分を製作中。。。


    こちらは持ち手部分に使用する革です。


    革包丁で丁寧にカット、、


    コバ(革の端面)を磨いていきます。



    持ち手部分が、手に馴染んで握り心地が良くなるように
    端面の角を落として、やさしく、やさしく磨いていきます。
    (写真では分かりにくいので、後ほどイラストで説明します。。)



    コバ塗りをしていきます。



    コバ塗り???
    普段あまり聞き慣れない言葉ですが、実は革を長持ちさせるための
    とっても大切な工程なんです。。


    コバ塗りの手順を書いてみました。


    イラスト、伝わったでしょうか。。
    革の端面も、実はひと手間かけ
    見た目や耐久性のことを考え制作しています。



    そして、コバ塗りが終わったらミシンで縫っていきます。



    ズレないように、位置を固定して、、、



    一度にたくさん作り、効率アップ!!



    こんな感じで、本日制作しております。



    さあ、今からちょっと休憩タイム〜

    コーヒー飲んで温まってきます。。
     
    コメント
    はじめまして。趣味でレザークラフトをしています。
    コバの仕上げがとても綺麗ですね!

    私はなかなか綺麗に仕上げられず、悪戦苦闘しています。
    もし可能でしたら使われているコバ剤を教えて頂けるとうれしいです。
    よろしくお願いします。
    • by niko
    • 2020/09/13 9:10 AM
    niko さま

    はじめまして。メッセージありがとうございます。レザークラフト、楽しいですが難しいことも盛り沢山ですよね。「うん、うん、」と頷きながらメッセージ拝見しておりました。

    私も最初の頃はなかなか上手くできず、端切れなど余った革でずっと練習していました。

    今はコバの仕上げ(コバ塗り)に使っているのはプライマーとバスコのサーマルコートになります。
    こちらのお店から購入してます。

    中井商店
    https://nakaishouten.shop-pro.jp/

    使う革によってや、仕上げ方(艶ありにしたいか、艶無しにしたいか)などによっても使う液は変わってくるので、一概にオススメですと言えないのですが、よかったら試しに使ってみてください。
    • by THREE PACKS
    • 2020/09/14 11:12 AM
    親切に教えてくださりありがとうございます!
    「ずっと練習されていた」と拝見して勇気づけられました。
    本当にきれいな仕上がりだと思います。

    早速使って練習したいと思います。
    ちなみにコーティング材は、中井商店ですと「皮革用ラッカー」があるようですが、そちらをお使いでしょうか?
    • by niko
    • 2020/09/15 5:10 AM
    niko さま

    メッセージありがとうございます。
    コーティング剤の説明が抜けており、大変失礼しました。

    このコメントのブログ記事は2016年に書いたものなのですが、この時はコバ塗り液もコーティング剤もバスコを使っていました。仕上げのコーティング剤はバスコの艶消し(透明)のものを使っていました。

    あれから4年が経過し、新しいコバ塗り液をみつけては色々と試したりして、今行き着いたのは

    .廛薀ぅ沺(下地)
    ▲機璽泪襯魁璽(色付け)

    のみにしています。
    今はコーティング剤は使っていません。

    以前はコバ塗りのバスコだけでは、かなり艶感が出てしまっていたので、最後にバスコの艶消し材を塗って少しマット調にしあげていました。

    ですが、今のサーマルコート(コバ塗り液)は粘り気が強めで仕上がりも艶消しになるため、コーティング材を使わなくても綺麗に仕上がります。

    また、「ここはもっと美しく仕上げたい」という時は一度コバ塗りを行ってから軽くヤスリがけを行いもう一度コバ塗りを行っています。(2度塗りです)かなり時間のかかる工程ですが、とても綺麗に仕上がります。

    以前のコメントにも記載させていただいたのですがTHREE PACKSで取り扱っている「ミネルバボックス(革)」に対して試してきたことになるため、niko様の使われている革と相性が良い方法か分からないため、宜しければご参考までに聞いていただけますと幸いです。
    • by THREE PACKS
    • 2020/09/18 6:21 AM
    コメントする