オーダー製作風景 縞模様のトートバッグ

2019.12.12 Thursday

0

    こんにちは。

     

     

     

    師走に入って、忙しい日々をお過ごしの方も多いでしょうか。

     

     

    12月といえば、「クリスマス」

     

    「クリスマス」といえば、「シュトーレン」、、、えっ、、強引?(笑)

     

     

    いただきもののシュトーレンで、ホッと一息、、、たまの贅沢(^^)

     

    師走の忙しさから少し解放され

     

    至福の一時を満喫♪

     

    忙しい時こそ、ホッと一息(^^)

     

    大切ですね。。

     

    みなさまも、休憩は忘れずに。。です。。笑

     

     

     

     

    美味しいモノでエネルギーチャージをしたところで

     

    本日もオーダー作品をご紹介(^^)!!

     

     

     

     

    10月にオーダーをいただき、現在製作を進めている縞模様のトートバッグ

     

    こちらの縞模様の帆布や、持ち手に使用しているブルー(無地)の帆布は

     

    お客様から送っていただいた生地になります。

     

     

     

     

     

     

    最初にこの縞模様の帆布を見たときは

     

    思わず「うわぁ〜〜〜っ!!キレイ〜〜〜〜!!」と感動

     

    フランス製の「レ・トワール・デュ・ソレイユ」というブランドの帆布だということを教えていただき

     

    この異国情緒漂うオシャレな雰囲気に納得(^^)

     

    キミはフランスからやってきたのかぁ〜♪

     

     

     

    製作に入る前から、ワクワクが止まりません〜〜

     

     

     

     

    まずは、お客様とオーダー内容について、詰めていきます。

     

     

    以前から、柄物帆布のオーダーをくださるお客様

     

    「出来るだけ無駄なく生地を使いきりたいです」というご意向を踏まえて

     

    サイズについても、ご提案させていただきました。

     

     

     

     

    さぁ、サイズが決まったとことで

     

    型紙を作って、生地を裁断していきます。

     

    生地はこの一枚しかないため、失敗が許されません。

     

    「ケーキ入刀」、、みないな緊張感の中、裁断していきます。

     

     

     

     

    今回お送っていただいた縞模様の帆布は少し薄く柔らいため

     

    裏面にはスポンジ状の芯材を貼り付け、厚みを出しています。

     

     

     

     

    こちらが、その芯材のスポンジです。

     

     

     

     

     

    スポンジを貼り付けたら、さらに縫う部分のスポンジを薄く漉いていきます。

     

     

     

     

     

    続いて持ち手の作成を行っていきます。

     

    持ち手に使うのは無地のブルーの帆布です。

     

     

    持ち手の長さは50cmになるのですが

     

    生地の長さが足りないため、繋ぎ合わせて一本の持ち手にしています。

     

    つなぎ目の補強と、持ち手自体が伸びてしまわないように

     

    芯材(白)を中に入れて持ち手を作っていきます。

     

     

     

     

     

     

     

    芯材をなかに入れた状態で折りたたむと、こんな感じになります。

     

     

     

     

     

     

    ここから、革を巻いていきます。

     

     

     

     

    つなぎ目の位置が、革で巻く部分にきてしまうと

     

    この部分だけがボコっとなってしまうので

     

    つなぎ目の位置が革と被らないように、微調整しています(^^)

     

     

     

     

    さぁ、持ち手ができたとことで

     

    いよいよ鞄本体に縫い付けていきます。

     

     

     

     

    だんだん形になってきてテンションも上がります♪

     

     

     

     

    外装がだいぶ仕上がってきました。

     

     

     

     

     

     

    横から見るとこんな感じです。

     

    縫い目の部分も、生地の模様が繋がって見えるように縫っています。

     

     

     

     

    中はまだ、底板を入れていません。

     

    これから底板を入れて、底鋲を取り付けていくのですが。。。。

     

     

     

     

     

     

     

    底面を見た時、このなんとも言えないコロンとした可愛らしい姿に、一目惚れ

     

    久々の「キュンっ!(^^)」

     

    底板を入れる前のこの姿も、しっかり写真に収めたくて、しばらく撮影タイムです(笑)

     

     

     

     

     

    続けて、内装も製作していきます。

     

     

     

     

    内装は、仕切りのないポケットが片面につきます。

     

     

     

     

     

    開口部はファスナー仕様になるので、必要な革パーツも製作していきます。

     

     

     

     

    革パーツには、すべてコバ塗りを行なっています。

     

    写真だと分かりづらいのですが

     

    革の端面に色がついています、、、(伝わるかな。。)

     

     

     

     

     

    また、ファスナーに使う革の裏面

     

    何もしないと、使っていくうちにザラザラと革の粉が落ちてきてしまうので

     

    毛羽立ち防止の液体をしっかりと塗り、乾かします。

     

     

     

     

    塗る前と、塗った後の写真です。(ちょっと分かりづらいですね、、、汗)

     

     

     

    だいぶ形になってきました(^^)

     

     

    いつも素敵なオーダーをいただき、本当にありがとうございます!

     

    また、とても長い間楽しみにお待ちいただき、本当に感謝です!

     

     

     

    10月にオーダーをいただき12月にお届けさせていただく「クリスマスオーダー」として、今回お受けさせていただきました。

     

    クリスマスまでにお届けさせていただきますので、今しばらくお待ちくださいませ。

     

     

     

    次回は、完成品をご紹介させていただきます!

     

    ぜひぜひ、お楽しみに〜♪

     

     

    一番楽しみにしているのは、、私かな(笑)

     

    最後までご覧いただきありがとうとざいました〜♪

     

    ________________

     

    ☆★Creemaにて作品販売中です☆★

     

    □THREE PACKS 商品販売ページ

    https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale

     

    □Facebook

    https://www.facebook.com/THREE-PACKS-1941258289272090/

     

    □インスタ(フォロー大歓迎です♪)

    https://www.instagram.com/threepacks/

    ________________

    コメント
    コメントする