オーダー作品 10号帆布のA4サイズトート

2020.07.25 Saturday

0

    こんばんは!

     

     

    4連休も残すところあと1日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

     

    今日も朝から雨が降ったり止んだりでしたが

     

    天気予報ではそろそろ梅雨明けも近そう

     

    洗濯物、外に干せる日が待ち遠しいです。

     

     

     

     

     

    さて、本日もオーダー作品をご紹介(^^)

     

    今回は10号帆布を使ったA4サイズのトートバッグです!

     

     

    【 オーダー内容 】

    < 寸 法 >
    本体サイズ:縦27cm 横33cm 奥行き(底13cm 上8cm)
    持ち手:49cm / 立ち上がり:約20cm
    外ポケット::片面追加

    内ポケット:両面あり
    横20cm 縦11cm・・・・1つ
    横15cm 縦16cm(マチあり)・・・・2つ

    < 素材と色 >
    本 体:パラフィン加工10号コットンキャンバス(色:ブラック)
    裏 地:コットンツイル(色:ブラウン)
    皮 革:タンニン鞣し牛革ミネルバボックス (色:ブラウン)

     

     

     

     

     

     

    鞄の前面には外ポケットが付いています。

     

    高さが15cmあるので、スマートフォンなども収納できます。

     

     

     

     

     

    底面はこんな感じです(^^)

     

     

     

     

     

    A4サイズのノートやファイルなどがすっぽり入るサイズになっているので

     

    お仕事用としても活躍してくれそう♪

     

     

     

     

    実際にA4サイズのノートとファイルが入るとこんな感じに収納できます。

     

     

     

     

     

     

    持ち手の長さは49cm

     

    立ち上がりが20cmになります。(モノサシで計っているところが「立ち上がり」になります。)

     

     

     

     

    肩からかけて持つとこんな感じ

     

     

     

     

    手で持つとこんな感じです(^^)

     

     

     

     

     

     

    気になる重さは、466.9g

     

    およそ470gになります。

     

     

    A4サイズが入って500g以下なので、とても軽いです♪

     

     

     

     

     

    ここからは鞄が完成するまでの工程をご紹介です。

     

     

    お客様からお問い合わせをいただき

     

    ご希望の大きさをもとに、まずはイラストを描いてご提案(^^)

     

     

     

     

     

    今回、特にお客様が悩まれたポイント

     

    それは鞄本体に使う生地の種類でした。

     

    THREE PACKSでは6号帆布(厚手)を使った鞄と

     

    10号帆布(薄手)を使った鞄の2種類があります。

     

     

     

    ブログを普段からご覧いただいているということで

     

    私もついつい嬉しくて生地の違いについて

     

    長く暑苦しいメッセージを送ってしまい(汗)

     

    最終的に、触って違いを実感していただきたかったので、サンプルを送らせていただきました。

     

     

    《 6号帆布 》

     

    生地が分厚いため、10号帆布よりも耐久性がありシワになりにくいです。

     

    生地表面には何もコーティングは行っていません。10号帆布よりも重いです。

     

    サイズが大きい鞄や、重い荷物を入れる鞄の場合、お勧めしたい生地です。

     

    《 10号帆布 》

     

    生地の目が細かく薄手なので、6号帆布よりも品よく見えます。軽いです。

     

    パラフィン加工(ロウソクのロウを生地表面にコーティングする加工)が施してあります。

     

    そのため、多少の撥水効果があります。

     

    小さいサイズの鞄や荷物の量が少ない鞄の場合、こちらがお勧めです。

     

     

     

     

    そして、今回は10号帆布で製作させていただくことになりました。

     

     

     

     

    仕様が全て決まったら、まずは型紙作成から行っていきます。

     

     

    型紙ができたら、生地を裁断し

     

    縫製を行っていきます。

     

     

     

     

     

     

    持ち手の裏には、耐久性を上げるため芯材を貼りました。

     

    白い部分が芯材です。

     

     

     

     

     

    持ち手を鞄本体に取り付けていきます。

     

     

     

    鞄の外側が完成〜

     

     

     

     

     

    鞄の内装も製作していきます。

     

     

     

     

     

    内ポケットはこんな感じで両面にあります。

     

    荷物の収納にも便利です!

     

     

     

     

    開口部に革の帯を取り付け、先ほどの外装と合体させれば鞄が完成です(^^)

     

     

    鞄完成まで長い間お待たせしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

     

    そして、楽しみにお待ちいただき本当にありがとうございました!

     

     

     

    お問い合わせをいただいた時から

     

    鞄に対して、すごく真っ直ぐなお気持ちが伝わってきて

     

    メッセージのやり取りがとても楽しくて

     

    ついつい長いメッセージになりがちでしたが

     

    こうして素敵なオーダーをいただけたこと、心より感謝しております。

     

     

     

     

     

    今頃、飛行機に乗ってお客様の元へ旅立っているころかな、、

     

    鞄、気に入っていただけますように(^^)

     

     

     

    ________________

     

    ☆★Creemaにて作品販売中です☆★

     

    □THREE PACKS 商品販売ページ

    https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale

     

    □Facebook

    https://www.facebook.com/THREE-PACKS-1941258289272090/

     

    □インスタ(フォロー大歓迎です♪)

    https://www.instagram.com/threepacks/

    ________________

    コメント
    コメントする