オーダー製作風景 フルオーダーのベルトポーチ 【Part.2】

2020.07.28 Tuesday

0

    こんにちは(^^)

     

    今日も朝から、ジメジメ蒸し暑い日が続いておりますが

     

    みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

     

     

     

    本日ご紹介させていただくのは

     

    現在、フルオーダー品としてご依頼をいただいております「ベルトポーチ」の試作品製作風景♪

     

     

    今回はいつも以上に見応えありです!!、、、というか、、いつも以上に長くなりますので(笑)

     

    ぜひ、お時間のあるときにゆっくりご覧いただけますと幸いです。

     

     

     

    以前、オーダーをいただき仕様を決めていく過程をブログにて紹介しておりますので

     

    宜しければ、そちらも合わせてご覧ください(^^)

     

    http://blog.threepacks.net/?eid=254

     

     

     

     

     

    では、早速スタート!

     

     

     

    デザインが決まったところで、まずは型紙を作成していきます。

     

     

    スケッチを元に、展開図を考えていきます。

     

     

     

     

    そして、完成した型紙がこちらです。

     

     

    まだ、これだけでは一体何なのか、、、、分かりづらいですね。

     

     

     

     

     

    型紙が完成したところで、試作用の革を裁断していきます。

     

     

     

     

    試作に使っている革は、本番で使う「ミネルバボックス」と柔らかさが似ているものを選びました。

     

     

     

     

     

     

    革の裁断が出来てきました。

     

     

     

     

     

    次は、革の厚みを調整する革漉きを行っていきます。

     

    縫製を行う部分は革が重なって分厚くなってしまいます。

     

    そのため、ミシンで縫う部分など厚みを薄く調整していきます。

     

     

     

     

     

    実際に漉いた部分を縫っていきます。

     

     

     

     

     

    こんなふうになります(^^)

     

    ちなみに、このパーツはベルトポーチの背面部分です。

     

     

     

     

     

     

    こんなふうに折って、ベルトが通るようになります。

     

     

     

     

     

    続いては内装も作っていきます。

     

    (内装生地は11号帆布を使います。本番では違うお色の予定です^^)

     

    まずは、内ポケットから

     

     

     

     

    内ポケットはスマートフォンが横向きにすっぽり入るくらいのサイズです。

     

     

     

     

    マチがあるので、使い勝手が良いです。

     

     

     

     

     

    先ほど作ったベルトポーチの背面の革パーツと組み合わせていきます。

     

     

     

     

    黒い部分は芯材です。

     

    芯材は、強度が必要になってくる部分や

     

    かっちりさせたい部分に貼っています。

     

     

     

     

     

    この背面パーツに内ポケットを取り付けます。

     

     

    これで、背面パーツはひとまず完成です。

     

     

     

     

    続いては、ファスナー部分(鞄のマチ部分)を作ります。

     

    ファスナーは本番ではダブルファスナー(引手が二つあるファスナー)を使うのですが

     

    手元にシングルファスナーしかなかったため、今回はシングルファスナーで製作しています。

     

    ※現在ダブルファスナーを注文中です。

     

     

     

     

     

    鞄のマチ部分を製作していきます。

     

     

     

     

     

    Dリングもこんな感じで付きます。

     

     

     

     

     

    マチ部分の完成です〜(^^)

     

     

     

     

     

    マチができたら、前面のパーツを縫い合わせていきます。

     

    だいぶ鞄っぽくなってきました(^^)

     

     

     

     

     

    これを裏返すと、ジャジャ〜ん♪

     

    「おぉ〜〜、すごい!いい感じ〜!!」

     

    夫婦揃って、、、子供達も歓声に駆けつけてきて

     

    家族揃って、歓喜に湧きました (笑)

     

     

     

     

     

    中はこんな感じになっています。

     

    今回は試作のため、縫いしろにバインダーは巻いていないのですが

     

    本番は縫しろ部分にバインダーを巻いて仕上げていきます。

     

     

     

     

     

    さぁ、いよいよ背面パーツと鞄本体を合体させていきます。

     

     

     

     

    こんな感じに取りつく予定です。

     

     

     

     

    ミシンで縫っていきます。

     

     

     

     

     

    鞄本体が仕上がってきました。

     

    残すところは、ベルトループの部分

     

     

     

     

     

    ここは縫製だけではなく、リベットを打って頑丈に仕上げていきます。

     

     

     

     

    ベルトループの先端部分は

     

    背面に切り込みを入れ、革を差込み

     

    リベットを打っています。(こだわりポイントです^^)

     

     

     

     

     

    そして、試作品完成しました〜!!(パチパチ〜〜!)

     

     

     

     

     

    横から見るとこんな感じです。

     

     

     

     

    実際、引手が2個つくとこんなイメージです。

     

     

     

     

    ファスナーを開くと

     

    開口部も大きく開いてくれるので、中の荷物も出し入れがしやすそう(^^)

     

     

     

     

    背面はこんな感じになっています。

     

     

    早く本番の革「ミネルバボックス」で作りたいっ!!

     

    これはカッコいい鞄になるぞぉ〜♪

     

     

    試作品の段階からすごくワクワクしております。

     

    こうしてオーダーをいただけたこと、本当に感謝致します。

     

     

     

    これから、この試作品をお客様へお送りして

     

    大きさなど、ご確認いただきます(^^)

     

     

     

    本番の完成品が仕上がるまで、まだもう少し時間はかかりますが

     

    少しづつ改めてご紹介させていただきますので

     

    ぜひ、お楽しみに〜(^^)

     

     

    とても長くなってしまいましたが

     

    最後までご覧いただきありがとうございました!

     

    ________________

     

    ☆★Creemaにて作品販売中です☆★

     

    □THREE PACKS 商品販売ページ

    https://www.creema.jp/c/threepacks/item/onsale

     

    □Facebook

    https://www.facebook.com/THREE-PACKS-1941258289272090/

     

    □インスタ(フォロー大歓迎です♪)

    https://www.instagram.com/threepacks/

    ________________

    コメント
    コメントする