シザーケースの試作完成

2017.05.28 Sunday

0

    こんばんは。

     

    日曜の夜、いかがお過ごしでしょうか。

     

    日中はとても暑く、少しバテ気味でしたが

    夕方から、外から吹く風がとても心地良いです。

     

     

     

    さて、本日ご紹介させていただくのは、、、、トートバッグではありません(笑)

     

    以前、美容師の方からオーダーをいただいたシザーケースです。

     

     

    ※前回、シザーケースの打ち合わせについて記載しているブログです。

     

    http://blog.threepacks.net/?eid=87

     

     

     

     

    前回の打ち合わせから、さらに細かい部分を詰め

     

    こちらのデザイン画で早速、試作を作ります

     

     

     

    今まで制作したことのないシザーケース、、

    やはり制作開始直後、難題にぶつかりました。。

     

    (ここでつまずくとは。。。。泣)

     

     

    ハサミを入れるケースに付いている金色の丸い金具(上の写真)に、ある角度でハサミを入れると

    ハサミが金具に当たってしまうのです、、、

     

     

    開口部の形状を、少しずつ変えていき

    ちょうど良い形状を探します。

     

     

     

    地道に繰り返し作成していきます。

     

    そして、、、

    ようやくベストの形状を見つけることが出来ました。

     

     

     

    また、繰り返し作っていくうちに『ひらめき』もありました。

     

    とても細かい部分になってしまうのですが、、

     

    下の写真のように革を巻き付け、縫製することで

    革の端面が保護され、開口部の強度が上がります。。

     

    (伝わるでしょうか。。。言葉で上手く説明出来ず、申し訳ありません。)

     

     

     

    完成したハサミのケースです。

     

     

     

     

    これをまずは7本作っていきます。

     

     

     

     

    今度は、クシを入れる部分のマチを割り出していきます。

     

    実際使用していることを想定し、身体の曲線に合わせてサイズを調整していきます。

     

     

     

    真っすぐ平らな部分に置くと、かなり入りそうなポケットに見えますが

    腰に巻くと印象が変わってきます。

     

     

     

    続いて、ケースのお手入れを行うためのボタンを取り付けていきます。

     

     

    いよいよ、本体に縫い付けていきます。

     

     

     

    だいぶ完成に近づいてきました。

     

     

     

    仕上げに、金具を取り付けます。

     

     

     

     

     

    ようやく試作品が完成!

     

     

     

    ハサミとハサミの間隔が狭くなると、ハサミ同士が重なってしまうため

    美容師さんが取り出しづらいのでは、、、、という考えから

    ハサミの間隔を少し広めにとって制作しています。

     

    ボタンを開くと、こんな感じでお手入れも楽々行えます。

     

     

     

    通常、両サイドにあるDカンを使いベルトを装着する予定ですが

    万が一、Dカンを使えない場合を想定し

    裏面には、ベルトループが付いています。

     

     

     

     

    実際装着してみるとこんな感じです。

     

     

     

    これから、オーダーをいただいた方へお送りし

    実際に使い勝手を確認していただきます。

     

     

    気に入っていただけると良いな、、、と

     

    今から、少し緊張してしまいます。

     

     

     

    本番ではイタリアンレザーのミネルバボックス・ミネルバリスシオを組み合わせて制作予定です。

    どんな風に仕上がるのか、今からとても楽しみです。

     

     

    最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

    また、完成しましたらこちらのブログでもご紹介させていただきますので

    ぜひ、お楽しみに〜。。

     

     

    コメント
    コメントする