トートバッグ作り方 【内装編】

2016.04.03 Sunday

0
    こんにちは。


    昨日のトートバッグ作り方【外装編】に引き続き
    今日も、こちらのトートバッグの作り方についてご紹介します。

    題して、トートバッグ作り方【内装編】です!




    では、早速、、

    こちらの写真は内装の生地を裁断し内ポケットを縫い付けた状態です。
    (既に裏側には白のクッション材も貼付けてあります)


    裏返すとこんな感じ。。
    ポケットの強度を増すため、これからカットした糸を接着剤で留めます。


    接着剤をゆっくり塗り、糸を貼付けます。


    糸の接着が終わったら、中央に補強用のテープを貼ります。


    いよいよ、内装2枚をミシンで縫い付けます。


    こんな感じに、縫い合わせました。



    続いて、、、
    縫った端に接着剤を付けます。

    毎回、毎回、接着剤の出番が多いな〜と、ついつい思ってしまうのですが、、(笑)

    この工程をしっかりしておくと
    完成したときに、美しい形に仕上るので
    手間を惜しまず行います。。



    ここで登場するのが、またまたこのジグです!!
    鞄を制作する時に、ホントに便利な道具です(^^)


    ジグに鞄をかぶせ、先ほど接着剤を付けた部分を指で優しく広げていきます。



    こんな感じになります。



    だいぶ、内装も形が完成してきました。

    今度は鞄の底面(横)を縫っていきます。


    ここも同じく、ミシンで縫った後
    接着剤を塗ります。



    そして、接着した部分を底に折込みます。




    いよいよ、内装も最後の工程です。

    革を縫い付けていきます。
    まずは、テープをで位置を固定させます。


    ゆっくり、ズレないように気をつけながら縫っていきます。。


    これで、内装が完成です!!


    明日は【完成編】をご紹介しますので
    ぜひ、お楽しみに〜

    本日ご紹介したトートバッグはクリーマにて販売中です。
    10号帆布のミニトート 生成り色【クッション入り】
    http://www.creema.jp/exhibits/show/id/1079897


    宜しければ、こちらもご覧ください。

    トートバッグ作り方 【外装編】

    2016.04.02 Saturday

    0
      こんばんは。

      今日はお花見へ行きたかったのですが
      千葉県は朝からあいにくの空模様。。。。

      テレビを見ていると
      関西はと〜ってもお花見日和で、綺麗な桜並木が羨ましい、、、

      来週こそは、土曜日か日曜日
      一日くらい晴れてほしいものです。


      ということで、今日も朝からアトリエにこもりっきりで、、
      制作に励んでおりました。


      今回はこちらのトートバッグの制作風景を【外装編】【内装編】【完成編】の
      3回に分けてご紹介したいと思います。




      本日は、ずばり!!【外装編】
      鞄の外側の制作風景をご紹介します。

      前回の記事に書いていた『ハンドル(持ち手)』を取り付け、外装はこんな感じになりました。
      (写真に写っているのは、鞄2個分です。)



      ミシンで縫い、鞄の形にしていきます。

      底面をご覧ください。。


      よ〜く見ると、底の両端、、ミシンで縫った部分、、、
      色が少し違うのですが、、、、伝わるでしょうか。
      (すみません、、ちょっと分かりづらいです。)


      さらに拡大します。。
      鞄を美しい形状に仕上げるため、切りっぱなしのままではなく
      こうして接着剤を塗布します。


      接着剤を塗布した部分を、指で丁寧に押さえていきます。




      両端を指で押さえるとこんな感じになります。



      さらに、底面に接着材を塗布します。




      続いて、鞄に荷物を入れても形状を保つため
      底面に黒い板を貼付けます。


      このように固い板を底に貼付けることで
      荷物を入れても、鞄の型くずれを防いでくれます。




      底面の板をしっかりと接着するために登場するのが
      この木で出来たジグです。



      ジグに鞄を被せ、底面を水平に保った状態で
      コロコロ、、、、、コロコロ、、、、何度も繰り返し
      しっかりと接着します。



      ちなみに、ここまで底面の話ばかりになってしまいましたが、、
      鞄を長持ちさせるための工夫は、持ち手の縫い付け(バッテン縫い)部分にも、、、
      生地を一枚多く合わせて縫い、強度を出しております。


      こうして、鞄の外装が完成しました。



      次回は内装の制作風景をご紹介しますので
      ぜひ、お楽しみに〜☆


      本日ご紹介したトートバッグはクリーマにて販売中です。
      10号帆布のミニトート 生成り色【クッション入り】
      http://www.creema.jp/exhibits/show/id/1079897



      先日配信されたメルマガにもトートバッグを掲載していただきました。
      宜しければ、こちらもぜひご覧ください。
      ---------------------------------------------------------
      Creema(クリーマ)
      メルマガタイトル名「春ホワイトのシンプルバッグ」
      http://www.creema.jp/mailmagazine/2016033001.html
      ---------------------------------------------------------

      ハンドル(持ち手)制作中

      2016.03.29 Tuesday

      0
        こんんちは。

        少し久しぶりの更新になってしまいました。

        、、、決して、サボっていたわけではございませんので
        ご注文いただいている皆様、どうぞご安心ください。
        (先週一週間、出張のため制作に取りかかれませんでした。。)

        大変長い間お待ちいただき、本当に本当にありがとうございます!

        今週から、どんどんスピードを上げ制作してまいりますので
        鞄がお手元に届くまで、今しばらくお待ちいただけますと幸いです。。



        今日は、トートバッグのハンドルを制作をしています。



        いつもトートバッグを作るときは
        鞄の外装・内装・ハンドルの3つを別々で作り
        組み合わせ、完成させています。

        今日は、ハンドルを制作中です。

        この年季の入った瓶には、接着剤が入っています。




        この接着剤を刷毛で塗っていきます。



        たっぷり付けすぎると、張り合わせたときにはみ出てしまいます、、
        かといって、少なすぎると引っ付きません、、、

        丁度良い量を慎重に付けていきます。

         


        次に、登場するのがこの二つの道具。



        先ほどの接着剤を塗った部分を折り曲げます。



        そして、トントントン、、、トントン、、


        コロコロ、コロコロコロコロ、、、、



        左からターコイズ(青)・黒・カーキはこの工程が終わりました。
        現在、生成り(白)を制作中です。



        本日、制作しているトートバッグは
        現在、クリーマで販売中です。
        よろしければ、こちらもご覧ください(^^)

        10号帆布のミニトート 生成り色【クッション入り】
        http://www.creema.jp/exhibits/show/id/1079897


        只今 コバ塗り中。。

        2016.03.12 Saturday

        0
          こんにちは。

          今日は、また真冬のように冷えていますが
          皆様、体調は崩されていないでしょうか。

          昨日、現在作品を販売しているサイト『クリーマ』の
          『 春をまとう、桜色ファッション 』特集に
          こちらのトートバッグが掲載されました。

          10号帆布のミニトートバッグ 【グリーン】
          http://www.creema.jp/exhibits/show/id/1721334



          こんなふうに、たくさんの方に見ていただける機会が増えると
          率直に嬉しい&制作意欲が湧いてきます。。
          これからも頑張るぞ〜!!!


          そんな、こんなで今日は朝からアトリエにこもって活動中です。


          今はトートバッグの持ち手部分を製作中。。。


          こちらは持ち手部分に使用する革です。


          革包丁で丁寧にカット、、


          コバ(革の端面)を磨いていきます。



          持ち手部分が、手に馴染んで握り心地が良くなるように
          端面の角を落として、やさしく、やさしく磨いていきます。
          (写真では分かりにくいので、後ほどイラストで説明します。。)



          コバ塗りをしていきます。



          コバ塗り???
          普段あまり聞き慣れない言葉ですが、実は革を長持ちさせるための
          とっても大切な工程なんです。。


          コバ塗りの手順を書いてみました。


          イラスト、伝わったでしょうか。。
          革の端面も、実はひと手間かけ
          見た目や耐久性のことを考え制作しています。



          そして、コバ塗りが終わったらミシンで縫っていきます。



          ズレないように、位置を固定して、、、



          一度にたくさん作り、効率アップ!!



          こんな感じで、本日制作しております。



          さあ、今からちょっと休憩タイム〜

          コーヒー飲んで温まってきます。。
           

          名刺入れ こんなふうに作っています。。

          2016.03.07 Monday

          0
            こんにちは。

            今日は朝からいいお天気
            コートを着て歩いていると暑いくらいです。
            もう、すっかり春ですね〜(^^)


            さて、、

            今日は、クリーマでも販売中の栃木レザーの名刺入れ の制作風景をご覧いただきたいと思います。





            以前も軽く紹介したことがあるのですが、、、

            今回は、革を裁断するところから完成まで写真も交えて説明しますので

            『 こうやって作っているんだ 』と分かっていただけるかと思います。





            まず、型紙に合わせて革をカットします。



            カットするとこんな感じ、、


            次に、革の裏面に毛羽立ち防止の目止め液を塗布します。
            (この白い液体を塗ることにより、毛羽立ちを防いでくれます。)



            ↓ちなみに塗らないとこんな感じです。(毛羽立っているのが分かるといいのですが、、、)


            目止め液を裏面全体に塗っていきます。


            しばらく乾かします。



            乾いたら、写真左に写っている茶色い木の道具を使い、コバを磨いていきます。
            ※「コバ」とは革の切り口のことを言います。


            こんな風に磨いていきます。



            磨き終わったら、手縫いようの針を通す穴を開けます。まだ、この段階では軽く印を付ける程度です。



            今度は、彫刻刀でボタンの取り付け位置をカットします。


            こんな風に、穴が開きました。



            ボタンを取り付けます。


            先ほどの、彫刻刀で切ったところにボタンをとりつけます。


            仕上げはカナヅチでトントン。。。



            いよいよ手縫い。。。。
            の前に、手縫いだけでは強度が心配なので、糊をつけ


            接着します。


            しばらく乾かします。


            さぁ、ようやく手縫いです。まずは針を通す穴を、しっかり開けます。


            穴が開きました!



            縫います。(写真のボタンが青いのは、保護フィルムが貼ってあるためです)


            ひと針、ひと針、心を込めて。。



            今度は、両端をミシンで縫い、ふっくらしたフォルムを出します。



            糸をハンダゴテで切ります。


            さぁ、完成 ??、、、ではなく、、


            最後にロゴを刻印していきます。位置を決めたら、、、


            カナヅチでトントントン、、、


            さあ、これで本当に完成です。


            今日は、少し写真が多く長くなってしまいましたが

            こんなふうに出来てるんだ。。。と伝われば嬉しいです。

            以前、『名刺入れ こんなふうに出来ました!』という記事も書いておりますので

            よろしければ、こちらもご覧ください。




            最後までご覧ただき、ありがとうございました。