トートバッグのオーダー制作 Dリング編

2016.03.18 Friday

0
    こんにちは。

    今日は本当に暖かく、ポカポカ気持ちの良い陽気でした。

    ついつい、お出かけしたい気分になるのですが、、、、
    年々ひどくなる花粉症に今年も悩まされています。


    今日は、トートバッグのオーダー品を少しご紹介します。

    本日完成したばかりのトートバッグ。
    、、、一見、通常のトートバッグと違わないように見えるのですが
    実は、鞄の両端にDリングがついているんです!



    ショルダーバッグとしても使いたいというご要望から
    このように、Dリングを付けることになりました。




    内側を見ると、こんな感じです。




    完成してみて
    『おっ!なんだか良い感じ〜』と、思わずニヤリ(笑)

    新しい鞄の構想も思いつき、今日は作っていて色々収穫がありました。



    今年はイベント出展も決まっているので

    新作も作っていくぞ〜!! おぉ〜〜っ!!



    【出展予定イベント】

    □ ヨコハマ ハンドメイドマルシェ2016
    https://handmade-marche.jp/

    □ ハンドメイドインジャパンフェス2016
    https://hmj-fes.jp/

    ※ブースの場所など詳しいことが決まり次第、ブログでもお知らせ致します!お楽しみに(^^)

    只今 コバ塗り中。。

    2016.03.12 Saturday

    0
      こんにちは。

      今日は、また真冬のように冷えていますが
      皆様、体調は崩されていないでしょうか。

      昨日、現在作品を販売しているサイト『クリーマ』の
      『 春をまとう、桜色ファッション 』特集に
      こちらのトートバッグが掲載されました。

      10号帆布のミニトートバッグ 【グリーン】
      http://www.creema.jp/exhibits/show/id/1721334



      こんなふうに、たくさんの方に見ていただける機会が増えると
      率直に嬉しい&制作意欲が湧いてきます。。
      これからも頑張るぞ〜!!!


      そんな、こんなで今日は朝からアトリエにこもって活動中です。


      今はトートバッグの持ち手部分を製作中。。。


      こちらは持ち手部分に使用する革です。


      革包丁で丁寧にカット、、


      コバ(革の端面)を磨いていきます。



      持ち手部分が、手に馴染んで握り心地が良くなるように
      端面の角を落として、やさしく、やさしく磨いていきます。
      (写真では分かりにくいので、後ほどイラストで説明します。。)



      コバ塗りをしていきます。



      コバ塗り???
      普段あまり聞き慣れない言葉ですが、実は革を長持ちさせるための
      とっても大切な工程なんです。。


      コバ塗りの手順を書いてみました。


      イラスト、伝わったでしょうか。。
      革の端面も、実はひと手間かけ
      見た目や耐久性のことを考え制作しています。



      そして、コバ塗りが終わったらミシンで縫っていきます。



      ズレないように、位置を固定して、、、



      一度にたくさん作り、効率アップ!!



      こんな感じで、本日制作しております。



      さあ、今からちょっと休憩タイム〜

      コーヒー飲んで温まってきます。。
       

      名刺入れ こんなふうに作っています。。

      2016.03.07 Monday

      0
        こんにちは。

        今日は朝からいいお天気
        コートを着て歩いていると暑いくらいです。
        もう、すっかり春ですね〜(^^)


        さて、、

        今日は、クリーマでも販売中の栃木レザーの名刺入れ の制作風景をご覧いただきたいと思います。





        以前も軽く紹介したことがあるのですが、、、

        今回は、革を裁断するところから完成まで写真も交えて説明しますので

        『 こうやって作っているんだ 』と分かっていただけるかと思います。





        まず、型紙に合わせて革をカットします。



        カットするとこんな感じ、、


        次に、革の裏面に毛羽立ち防止の目止め液を塗布します。
        (この白い液体を塗ることにより、毛羽立ちを防いでくれます。)



        ↓ちなみに塗らないとこんな感じです。(毛羽立っているのが分かるといいのですが、、、)


        目止め液を裏面全体に塗っていきます。


        しばらく乾かします。



        乾いたら、写真左に写っている茶色い木の道具を使い、コバを磨いていきます。
        ※「コバ」とは革の切り口のことを言います。


        こんな風に磨いていきます。



        磨き終わったら、手縫いようの針を通す穴を開けます。まだ、この段階では軽く印を付ける程度です。



        今度は、彫刻刀でボタンの取り付け位置をカットします。


        こんな風に、穴が開きました。



        ボタンを取り付けます。


        先ほどの、彫刻刀で切ったところにボタンをとりつけます。


        仕上げはカナヅチでトントン。。。



        いよいよ手縫い。。。。
        の前に、手縫いだけでは強度が心配なので、糊をつけ


        接着します。


        しばらく乾かします。


        さぁ、ようやく手縫いです。まずは針を通す穴を、しっかり開けます。


        穴が開きました!



        縫います。(写真のボタンが青いのは、保護フィルムが貼ってあるためです)


        ひと針、ひと針、心を込めて。。



        今度は、両端をミシンで縫い、ふっくらしたフォルムを出します。



        糸をハンダゴテで切ります。


        さぁ、完成 ??、、、ではなく、、


        最後にロゴを刻印していきます。位置を決めたら、、、


        カナヅチでトントントン、、、


        さあ、これで本当に完成です。


        今日は、少し写真が多く長くなってしまいましたが

        こんなふうに出来てるんだ。。。と伝われば嬉しいです。

        以前、『名刺入れ こんなふうに出来ました!』という記事も書いておりますので

        よろしければ、こちらもご覧ください。




        最後までご覧ただき、ありがとうございました。

         

        ショルダーバッグの制作風景 その2

        2016.03.01 Tuesday

        0
          いよいよ今日から3月です。

          『 もうすぐ 春ですね〜♪ 』と
          ついつい朝から口ずさんでしまいます(笑)



          前回に続き、今回もショルダーバッグの制作風景をご紹介したいと思います。



          ↓こちらの写真が、鞄の外側(左)と内側(右)です。これから、この2つを合体させ完成させていきます。





          まずは、合体させる前に
          鞄の底面に分厚いクッション材を貼付けていきます。


          そこで登場するのが、この変な形をした木です。
          治具(ジグ)と言って、色々な作業をするときに使う
          鞄を固定するための道具です。

          ちなみに、このジグは自分たちで作りました(^^)





          ここに、鞄の内側をかぶせ
          底面にクッション材(黒)を貼付けていきます。

          ジグを使うことで、底面が水平になり
          綺麗にしっかりと貼付けられます。





          そして、鞄の外側と内側を合わせていきます。
          ここは、ズレないよう丁寧に手で合わせていきます。





          こんな感じで、鞄を合体させます。






          いよいよミシンで縫います。。




          ズレなように、ゆっくり慎重に、、、、
          どれだけ鞄を作ってきても、毎回、このときは緊張します、笑





          そして、縫い終わったら糸を切ります。



          ん、、、はさみで切らないの??とついつい思ってしまうのですが、、

          このハンダゴテを使って、熱で糸を切ります。



          糸がホツレてくることを防ぐため、
          このようにして、切っています。




          鞄の縫製が終わり、次に留め具をつけます。



          しっかりと、ネジをしめるように固定していきます。






          そして、ようやく完成です。





          今回は、鞄のサイズを通常販売しているモノより

          少し大きく制作しています。




          サイズの比較をするため並べてみましたが。。。

          数センチの違いなので、
          もしかすると、伝わりにくいかもしれません、、、、涙

          ※通常の鞄は右(カーキ)です。



          底面から見ると、まだ伝わりやすいでしょうか、、



          ちなみに、内ポケットも、マチ付きになっています。




          前回と今回、2回に分け鞄の制作風景をご紹介してきましたが

          いかがでしたでしょうか。


          こんな風に作っているんだなと、少しでも伝われば嬉しいです。


          制作した鞄は、クリーマにて販売中です。

          興味のある方は、ぜひこちらも一緒にご覧ください。

          □THREE PACKS のクリーマ販売ページ
          http://www.creema.jp/c/threepacks/selling


           

          ショルダーバッグの制作風景

          2016.02.23 Tuesday

          0
            こんにちは。

            まだまだ寒い日が続きますが
            皆様、風邪などひかれていないでしょうか。

            我が家では、蜂蜜入りコーヒーを毎日飲み
            元気に、鞄作りに励んでおります。



            今日は、制作風景を少しご紹介。。


            現在、ショルダーバッグのオーダーをいただいており

            通常よりも大きいサイズで制作中です。



            ↓ 通常サイズのショルダーバッグ。(もっと詳しく、この鞄をご覧になりたい方はこちら)





            まず、鞄の型紙を作ります。

            ↓ 鞄のサイズを大きくした型紙




            通常、同じサイズの鞄をたくさん制作するため
            何度も使える分厚い型紙(茶色)を作ります。

            しかしオーダーの場合、1点モノの制作が多いため
            パソコンで型紙の図面をかき、プリントし使用しています。





            ↓通常の型紙は、こんな感じで分厚いです。
            (、、写真で、厚みが伝わりますように、、笑)






            型紙に合わせてカットします。

            ↓これは底部分です。



            ↓鞄の前面部分です。





            型紙には、縫製位置や折り目など細かい部分の指示も一緒に記してあります。

            ↓ちなみにショルダーベルトの縫い付け位置はこんな風に記しています。




            鞄が完成するまでの、今日は前段階をご紹介しました。

            次回は組み立て風景もご紹介できると良いな、、と思っております。


            いつも最後までご覧いただきありがとうございます。